“真ダコ”というのは兵庫県の明石などが有名です。
一方、北海道で水揚げされるタコは大きくなる「ミズダコ」です。

====

このミズダコ、関東以北ては刺身のタコと言えばこのタコになります。塩で締めてぬるぬるを落としてから茹でてあるので「煮だこ」とも呼ばれています。
オスとメスで味が違っていて、 “酢だこ”なんかに加工すると、テキメンです。
オスは大味で、身がコリコリして、タコ好きな自分としてはイマイチ。

その点、メスは身が柔らかく、噛めば噛むほどに味わいがあるというか。
メス限定で酢だこを買い付けることもあるくらいです。

そのメスは「真ダコ」と呼ばれたりします。
生物学上の真ダコではないのですが、北海道の人からすれば自分のところの海で取れたものが「真ダコ」だよ、と。
そう言いたい気持ちもわかります。

オスとメスの見分け方は吸盤が不規則に並んでいるのがオス、吸盤が整然と並んでいるのがメスと言われています。

自分も食べ比べたことはないです。

今度食べ比べてみたいと思います。