するめいかが年末にきて価格が上昇しました。 びっくりするぐらい。 僕なんか 目玉が飛び出そうになりました。普段の年は年末用の加工屋さんの需要が一巡する11月中旬には価格が下がるのですが、今年はよっぽど獲れなかったのか、高値を更新し続けています。

ざっくり考えて大型のイカを使った製品は3割高くなると思われます。 ちょっと行き過ぎな価格ですよ。誰か買うんですかね。

とはいえ、相場というのは消費者の気持ちとは関係なしに動きます。こればかりは漁獲量と需要の関係で成り立ちますのでどうにもなりません。

日本は日本食を海外に進めていますが、結局イスラエルのコンビニでおにぎりを販売しても使っている米はオーストラリア産。使っているのりは韓国産です。日本の素材を使ったとしても国内の在庫がひっ迫して価格が上昇。結果日本の消費者が苦しむだけです。まあ生産者はいいでしょうけどね。

農林水産省の力がいまだに強いのと安全保障上の問題で生産者向けの政策を取りがちなんでしょう。
無党派層の方が、一般の消費者が選挙にいかないと。