販売価格というのは奥が深いです。
安すぎれば儲からないし、高すぎれば売れない。
この追求は終わりないですね。
安く売っても大量に効率的に売れば利益がでるし(ディスカウントストアなど)、高く売ったほうが(お客さんは価値を価格で計る場合もあるので)売れる、ということもあります。

ギリギリお客さんに支持されるところの価格で販売したいものです。
それにはまず、自分のお店がどのような店なのか、よく知っていなければいけません。
ディスカウントストアで経費を安く抑えている仕組みの会社なら安く、大量に販売して、仕入れコストもなるべく押さえる。

また、よい物を置く高級志向のお店ならば、普通よりも美味しかったり価値のある商品ならば余計に高めに売る。先程も触れましたが、お客さんは自分の知らない物に関してはその価値を価格で判断するからです。

つまり価格が高いものは価値がある、と簡便に考える傾向があるそうです。

では具体的にどのような戦略で価格を決めるか。
例えば自分が商品を仕入れてその価値が分からないときに自分で値段をきめてしまう方が良いかも知れないです。
自分の経験と勘によって販売価格を決めてしまうのです。
この時、原価を見ないで儲かる最高の価格を決めることが大事です。
原価を見ないで売価を決めて、後から原価を見て、損していないか確認するのです。

そうすれば自分の経験にもとづいた価格がお客さんの価値観よりも高ければその商品は売れないだけです。その場合は売れる価格まで下げればいいことです。

逆にお客さんの価値観より安ければバイヤーの価値観に沿った価格で販売できるのでそのまま販売しましょう。

自分の経験とかにもとづいて 適正価格を割り出すことができれば実際には 利益を稼ぐことになるかもしれないです。