スポンサーリンク

寒い冬の時期もそろそろ終わり春になりつつあります。
でもまだまだインフルエンザは流行っていますし、こういう季節の変わり目って風邪をひきやすいものなんですよね。
体調管理万全にして仕事にプライベートに取り組みたいと思っています。
【どうしたら風邪を引かないでいられるのか】
自分は30歳過ぎてから風邪をひきやすくなりました。
会社の先輩には朝、水を飲むのがいいとか、体を冷やさないようにとか、マスクをするとか、帰ったら手洗いうがいとか。
色々行ってきましたがそれでも僕は風邪をひくんです。
喉が弱いんですよね。
喉をすぐやられてしまってそこから咳になって、熱を帯びていくそんな風邪のパターンだったのです。
ところが今年は違います
今年の冬 私が実践しているのは鼻うがいです。
もともと季節の変わり目に、鼻づまり解消のために行っていたのですが今年は冬も鼻が詰まるのでやっています。
おかげで風邪をひかない。
これ本当なんです。
たぶん鼻うがいのおかげなんだと思います。
あれほど ちょっとしたことで風邪を引いてた僕が本当に風邪をひかない。
2週間ぐらい前にちょっと喉が痛くなったことがあったんですが、その時もずっと鼻うがいをしていました。
そしたら咳になる前に治ってしまいました。
鼻うがいをすると鼻の奥それから喉に垂れ下がってくる。
痰や鼻汁が綺麗に洗い流されるのですっきりとします。
このすっきり感は 結構癖になります。
鼻うがいなのに喉もすっきりするんですよね。
鼻から鼻汁がいつもたれているので喉がすっきりしないんです。
【 僕がやってる鼻うがいの方法 】
まずシャワーのお湯を鼻のほどまで入れて、鼻をかむようにして出します。
これをやると鼻水やらが取れ鼻がスッキリします。
そのあと頭を上向きにしてシャワーのお湯を鼻の奥に入れて行きます。
今度は鼻から喉に通す感じで入れていきます。
そうすると口から水が出てきます。
大抵気管支に入ってしまうのでむせます。
まあでもむせても仕方ないかと思って僕はやっていますが、むせたくない人は飲み込んでもいいそうです。
鼻水が胃に入ったところで特に健康には問題ないらしいので、むせるのが嫌な人はそうしてみてください。
鼻から喉にかけて 痰が絡んだような感じなのはすっきりとします。
鼻の通りもよくなり、スッキリします。
寝ているとき、以前は鼻が詰まって気道を確保するのに大変だったのですが 、今はそんなこともありません。
本も読んでみたら、やはり鼻うがいはいいそうです。
特に上咽頭というところを 清潔にしておくと良いらしいです。
これはのどちんこの上の方というか鼻の奥の方らしいです。
口をあけてもまず見えないところらしいのでお医者さんではなかなか病気に気がつかないらしいのです。
ここに炎症を起こしている方が多いらしいんです。
そんな事を本で読みました。
とにもかくにも鼻うがい是非行ってみてください。
【注意点】
水道水が痛いという方は市販の鼻うがい用の水を使ってみて下さい、と言うかそっちの方が絶対おすすめです。
水道水を直接鼻に入れるって言うのは脳の髄膜炎を起こす危険があるのでできれば避けた方が良いらしいです。
僕は面倒くさがりなのでそのままやっちゃってますがあくまで自己責任です。
脳にアメーバが入り込み髄膜炎になるということがアメリカでも年に2件ぐらい起きているそうです。
日本でも過去に一回だけ事例がありあったそうです。
何にしても市販の鼻うがい用の液を使うのお勧めします。
それと私が読んだ本も一読をお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク