新巻鮭って臭い?! 食べれないのでは?!いえいえそんなことありません。焼けばちゃんと食べられます。但し、本当に腐ってる場合は食べないでくださいね!

スポンサーリンク

image
鮭というのはどちらかというと東日本の文化です。
最近は讃岐サーモンや島根などでも養殖されています。
しかしもともとあんまり暖かいところだと虫が湧いてしまってうまく育たないようです。
なので天然の鮭やマスというのはせいぜい富山県から東日本以北に遡上しているのです。
それで関西の人が新巻鮭を食べると生臭い、ものすごく匂いがするという人がいます。
人によっては腐ったような臭いがするという方がいらっしゃるんです。
が、おそらくはそれは新巻鮭の匂いです。
我々東日本の人間からすればそういう匂いは普通なんです。
逆にクサヤなんかは我々馴染みかないので臭い、と思います。
けれど、臭いほうが旨味が凝縮されたり、酵素が鮭の身を分解することによって旨味が生み出されたりしています。
だから臭い方が美味しい場合もあります。
ただよく見てください。
鮭にカビが生えたりした場合は食べない方がいいです。
焼いてみて不味くて食べれなかったら食べない方がいい。
その辺は自己判断で判断するしかないと思います。
カビ毒や腐敗毒は加熱しても消えないようですね。
ちなみに僕はカビの生えた新巻を焼いて食べたことがありますさすがに臭くて 食べれませんでした。
しかし東北生まれの母は平気で食べていました。
でも食べて変だと思ったら食べないでくださいね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク