スポンサーリンク

真だらってご存知ですか?

たら、のことですね。


近い種類の「スケソウダラ」も日本人になじみの深い魚です。
スケソウダラのほうがなじみが深いせいか、真だらのほうはあえて「真」が付いてい
ます。



スケソウダラの卵が一般的にスーパーにならんでいる「たらこ」です。

真だらの卵、「真だらの子」はあえて「真」が付いています。
販売されている地域は日本海側が主です。

ですので、スーパーであまり見かけない方もいらっしゃると思います。


こちらは大きくて、主に煮付けなどで食べられています。

色も黒かったり、赤かったりまちまちです。

これを塩漬け・冷凍にして保管し、流通させています。


煮付けにしたり、昆布と和えて煮たりして食べます。



一方、身のほうは主に鍋に入れて食べます。

フライにも使うことがありますが固くなります。

焼き魚も固くなりがち。

すきみたらと呼ばれる、真だらを開いて塩漬けにして、干したものもあります。

これは塩抜きして、野菜などと炊き合わせたり、炙って酒のつまみにしたり。

とてもしょっぱい食べ物です。

なので鍋や煮付けがおすすめです。

スケソウダラの「たらこ」と違い、粒が大きくて食べ応えがあります。


この真だら、日本の近海でも獲れるのですが、量がそれほど多くありません。

三陸方面、北海道方面が主要な産地です。

外国だとアメリカの量が多いです。

しかし近年、漁獲量が減っております。

例年12万tの水揚げがあるアラスカですが、昨年は4万t。
今年もそのくらいで終わるのではないか、と言われています。


そのせいで価格も上昇しています。

今年の鍋材料は鮭といい、帆立といい、たらといい、高くなりそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク