日本海では割と真だらが獲れます。

真だらの白子を食べたり、まだらの卵を煮付けて食べたり。
もちろん身は鍋に入れたりしますね。
 でも昔は今ほど食べられていなかったと思うんです。
お祖母さん世代にタラと聞くとだいたいスケソウダラをイメージします。
昔はスケソウダラの方がメインでした。
日本海は特に富山県などで行くと 鱈汁のお店がたくさんあります。
 鱈の甘露煮などの郷土料理もあります。
たらめし、なんていう名物的駅弁もあります。
いずれもスケソウダラを使ってます。
そういう食文化などから考えても日本海側では昔はスケソウダラがよく水揚げされたと思うんです。
今は全然取れないですけどね。
 真だらというのはかつてはあまり食べませんでした。
 ただ今日本海では結構水揚げはあるそうです。
水揚げはあるのですが、食べる文化が新しいので、買い手が少なくて安く売られていたりします。
というわけで買うなら日本海の真だら、おすすめですよ。
もう始めましたか?私は昨年はこれを頼みました↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】20-68 オホーツク産ホタテ玉冷大2kg
価格:20000円(税込、送料無料) (2020/11/26時点)