プール在庫とは?プール在庫で平均単価が変わる~

流通業界でよく聞くプール在庫のプールって解りますか?

プールというのは貯める、というような意味です。

流通業においてプールとは、在庫を貯めるという意味ですね。

あるいはプール金など、お金を貯めておく場合にも使う言葉です。

流通業におけるプールの意味

スポンサーリンク

僕らがよく使うのはプールして価格を調整するという使い方です。

これは高い在庫に、安い在庫を足すと、平均単価が安くなる、という使い方です。

例えば単価1㎏1000円の在庫が100㎏、あったとします。

そのあと、単価kg 800円で100 kg買います。

そうすると、単価が平均されて、単価が下がります。

(1000円×100㎏+800円×100㎏)÷200㎏=900円です。

最初の1000円から100円下がりましたね。

そうすると売りやすくなるわけです。

株式なんかで言うナンピンみたいなもんです。

こうして、仕入れ原価を下げる、という意味でプール在庫にしたりします。

本当は在庫は売り切って、改めて仕入れたほうがいいんです。

でもサラリーマンは損をして販売すると怒られる場合もあります。

なのでこういう手法を使い、単価を下げたりします。

上げ相場の時に使える戦略

あるいは上げ相場の時、安い在庫があるとします。

その時に高い商品を仕入れると、安い在庫のお陰で平均単価が下がります(同一商品を仕入れた場合)。

こうするとライバルよりも有利な価格で販売できたりします。

一気に市場を席巻できたりもします。

プール在庫・プール価格まとめ

というわけで

  • プール在庫とは、同一の商品を追加で仕入れて、在庫を貯めること
  • プール価格とは、同一の商品を追加で仕入れて、平均単価を変えること

というような使い方をします。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク