2018年の春から夏にかけて 北海道では、定置網でサクラマス が水揚げされました。

スポンサーリンク

2018年は北海道でサクラマスの水揚げが多かった

定置網にサクラマスがここまでかかるということはないので、ちょっと珍しい 年でした。

漁獲されたのは 昆布森、釧路それから 襟裳岬近辺まででした。

ゴールデンウィーク明けにピークだったサクラマスの水揚げ

今年のゴールデンウィーク明けごろ、サクラマスの水揚げが多かったです。

青ます(カラフトマス)よりも水揚げが多い時期もありました。

そのため価格も一時期は青ます(カラフトマス)よりも安かったです。

最終的にはカラフトマスの方が多くなりました。

サクラマスの2018年の価格は?

最終的にはカラフトマスよりも2割ほど高い値段 で終わりました。

スーパーでの販売価格は1切れ100円を切ると思います(約70g計算)。

鮭の仲間では一番安いですね。

サクラマスについて

サクラマスは北海道の近くを通るとき、定置網に入ります。

銀色のウロコがとてもきれいです。

サクラマスはいわゆる“本ます”と言われ、

日本人ではおなじみのマスです。

産卵のため川に上り川で孵化します。

稚魚の頃は川に住んでいて“ヤマメ”などと呼ばれます。

サクラマスの美味しい食べ方!

サクラマスは脂が乗ってとても美味しいですよ。

普通に塩焼きの他、ムニエルでも美味しいです。

また、刺し身でも美味しいです。

臭みもなく、適度に脂(あぶら)が乗っでいます。

ただし、刺身の場合は必ず一度冷凍した物にしましょう。

アニサキスがいることがあります。

冷凍(24時間)以上の冷凍で死滅します。

スーパーで販売されている物は大体冷凍品を解凍したものです。

是非 見かけたら 買ってみてくださいね!

お中元、お歳暮、贈り物に最適な海産物はこちらからどうぞ!

オホーツクの海の幸がたっぷりです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク