夏場に産卵のために陸に近づく通称・建網ます(カラフトマス)が入荷はじめました。

オホーツク海沿岸地区ではオホーツクサーモンとして売り出しています。

春に採れるサクラマスや、春に餌を求めて沿岸に近づくカラフトマスと比べると成熟していて、産卵のために卵に栄養を取られるため、脂のノリがいまいちと言われています。

でも早い時期(8月上旬)の魚なら割と脂が乗っています。
お盆のころには産卵のために栄養を取られてしまうため、脂が落ち、価格も下落します。

今年は春のますがほとんど穫れなかったので、今水揚げされる「オホーツクサーモン」、今のうちにご賞味あれ!
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク