石川県と富山県。
ともに加賀百万石を形成していました。
この二つの県にまたがる富山湾は天然の生け簀と言われています。
能登半島が突き出しているので冬の荒れた日本海でも富山湾は比較的穏やかで漁に出られます。
四季を通じて多種多様の魚が穫れます。

かまぼこメーカーの「スギヨ」さんの本社・工場があったり、魚の加工メーカーが多いところです。

スルメイカの加工も盛んです。
前浜でも水揚げがあるので一夜干しのするめなんかが安く手に入ります。

能登半島の七尾に物産館があり、魚屋さんで買った魚をバーベキューコーナーで焼いて食べることが出来ます。

近くに美味しいお寿司屋さんがあり、魚に詳しい大将が新鮮な地魚を一番美味しい時期に食べさせてくれます。
「この時期の鯛は大きい物は皮目が荒くて美味しくないから小さめの鯛を湯引きすると皮の食感が美味しいんだよね。」などと、魚の事を聞かせてもらいながら食べると、一層おいしく感じられます。

今、北陸新幹線の開通にともなって高速道路も充実しました。

近くなった北陸へ、行って見るのも面白いですよ。
 石川県へ行きたくなる記事はこちらから

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク