どうしちゃったんでしょう。
いつもなら9月に入れば大量の水揚げがあるはずの庶民の味「さんま」。
今年はどうも様子がおかしいですね。
9月に入っても相場は高く張り付いたまま。
1尾100円の特売を全然やっていません。
中国や台湾、韓国が沖合で漁獲しているから、なんて話もあります。

でも、それってほんとですかね?

中国、台湾が沖合で大量に漁獲しているなら、日本もそこへ行って漁獲したらいい、という話じゃないかと思います。

さんまはどちらかと言うと冷たい水を好む魚です。
昨年は温かい海水が北海道沖にせり出し、サンマの好む冷水温の海域が狭くなったので、結果、その狭くなった冷水の海域にさんまが集まっていたのです。

今年、沖合で中国、台湾は、はたしてピンポイントでサンマを漁獲出来るのでしょうか。

出来るのなら日本も行けよって思います。
(すみません漁師の方!)

中国、台湾の漁船のように大型のまき網船ではなく、集魚灯で魚を集め、棒受け網(棒にくっついた網)で漁獲する中小の船中心の日本では、同じような何日も航海するような漁は出来ないのでしょうか。

今から投資をして、大きな漁船を作るのはなかなか難しいでしょう。

だからこそ、国にはしっかりしてもらいたいです。

船主を中心とした個人経営が主な日本と、国家事業で漁を行い、大きな水産会社がサンマ漁船を所有する台湾などとにはかなわないのではないでしょうか。

もう一つサンマやイワシなどの日本で言う大衆魚が減っているのにはクジラの増加があるのでは?と言われています。

クジラは今、世界的に保護されていて、頭数がかなり増えていると言われています。

だからと言って、人間の人口とクジラの頭数と比べたら、圧倒的に人間が多いのだから、魚の資源が減るのはやはり人間のせいか?

いやいや。クジラ類が世界中で年間に食べている餌の量は一説には3億~5億トンとも言われています。
これは人間が漁獲する魚の量の3~6倍とも言われています。

そして、プランクトンだけではなく、多くの魚をエサとしています。
この餌となる魚は鮭、いわし、さんま、スルメイカ、スケトウダラなどらしいです。

うわー、人間とモロにバッティング(かぶって)いますね。食べるものが。

この大食いのクジラがたくさん食べれば、当然、魚の資源は減ります。
それはすべて我々が魚を買う価格となって跳ね返ってくるわけです。

人間の勝手でクジラを減らせ、とは言いませんが・・・

せめてクジラも一つのタンパク源に加えてもいいのでは?と思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク