テラピアという魚をご存知ですか?

いわゆる“外来生物”で「ナイルティラピア」というのが「種名」(農水省の魚介類の名称ガイドラインより)です。



イズミダイというのはガイドラインによると一般名称とのこと。

見た目が鯛に似ているためか、「イズミダイ」と鯛のような名前になっています。

スポンサーリンク

ナイルティラピアは美味しいの?

この魚、以前商社から「買ってくれませんか?」とのオファーを受けたことがあり、調べました。

その方がいうにはクセがなく、洋風の料理に合うし、価格も安い、とのことでした。

知り合いの魚屋さんが試食したところ、「身がしまって美味しい。脂はのっていないけど、ムニエルとか揚げ物にはもってこいの素材じゃないかな。」と太鼓判を押していました。

確かに洋食で「白身魚のフリット」なんて名前で出てきたら、美味しく食べている気がします。

(ちなみに今のところ外食には原産地や原材料名の表示義務がありません。これはレストランなどではレシピが命である場合が多いからです。)

<日本にも住み着いているティラピア>

イズミダイなんて、どこかの国で穫れる、よくわからない魚だと思っていました。
一生泳いでいるところを見ることはないだろうと。

しかし日本にも温かい水温のところに住み着いているそうです。

このイズミダイは基本は淡水の魚なんですが、海水でも生活できる、適応力が異常に強いたくましい魚です。

しかし寒いところは苦手のようです。

温かい沖縄とか温泉水が湧いているところに定着しているようです。

これを耕作放棄された田んぼなんかを改造して池にして、放流して養殖していけば良いのではないでしょうか。

そうすればたんぱく源を確保できるのではないでしょうか。

しかしブラックバスなどの例もあり、生態系を破壊する恐れもありますね。

そういう意味でもテレビ番組の鉄腕ダッシュのように外来生物を駆除して美味しく頂けるようになれば良いと考えます。

海の魚は色々と国際的な問題があります。

例えば

・200海里の排他的経済水域
・母川主義(鮭など、その国の川で生まれた魚は、外洋に出てもその国の魚っていう考え方)
・資源保護だとか沖合で他の国が無分別に魚を乱獲する
・クジラに食べられて資源が減る
・エルニーニョ現象による漁獲量の増減
・低気圧、台風などの天候による水産物被害

などの他国との調整が必要な問題がありますね。

日本の陸地の池で養殖すれば上記のような問題が発生しません。

そういう意味で池などでの養殖は注目を集めています。

日本のコイなどはアメリカで外来種として大繁殖しているそうです。

現地の人は気味悪く思って食べないようですよ。

昔から食べている文化がないとなかなか食べられませんね。

以前は養殖といえば餌臭い、と言われていました。

現在は大分工夫されているそうです。

魚粉に良質の小麦粉などを混ぜて食べさせると良質の肉になるそうです。

ちなみにエサにとうもろこしを使うと身が黄色くなるので使わないそうですよ。

ただし、ちゃんとした養殖をしているものを買ったほうがいいです。

なにせ適応力が異常なくらい高いので、それこそ某国では人間の排泄物をあたたえているとかっていう話も聞きます。

やはり海の問題もあるので、日本で生産したほうがいいと思います。

休耕地対策にもなるし、減反した田んぼを池にして養殖すればどうかな、と考えます。

イズミダイが食用として受け入れられるには時間が掛かると思います。

大手が目をつけるとか、国の後押しがあればいいですね。

あとは淡水魚ゆえの寄生虫リスクや重金属などの問題が解決されればいいと思います。

エサ代をケチってまずい魚を育てたら売れないと思います。

昔の鯉のように田んぼに放し飼いにして、除草や害虫駆除をさせつつ、水を抜くときに食べるとか、そんな使い方でないでしょうか。

まあそれなら鯉を育てたほうがいいような気もします。

ただ、外来種は天敵もいないし、病気もないので、原産地よりも育ちやすい傾向にあります。

パンガシウス、鯉、ナマズ、キャットフィッシュ。

これからは上記のような淡水魚を上手に食卓に取り入れる時代かもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク