【あじの開き】

静岡県の沼津などで職人さんが手作業で開いています。

今のところマシーンでカットするときれいに仕上がらないのであじ
の開きは手作業となっているようです。
でも大衆魚ですので手間がかかる割に高い価格を付けられないので、原料の価格が上がると困るみたいです。

原料が安い時は手間賃を乗せることが出来るのですが、原料が高くなると売値を上げるにも限界があり、厳しい経営になってしまうようです。


ほっけや赤魚などの身の厚い魚は、頭を落としてマシーンでカット出来るので効率がよく、加工屋さんに好まれています。


逆に沼津以外の地区は参入したがらないという意味で、沼津の優位性があるのでは?
と思います。

技術の進歩は日進月歩なので、そのうちアジの開きを、人間並みに加工出来るマシーンが開発されるのでは?と思います。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク