涼しくなってまいりました。
鍋が恋しくなる季節ですね。
スーパーでは生鮭の販売が最盛期を迎えております。

そんな中、鍋に入れる重要食材、かきが今年は高い、
との話は以前いたしました。以前の記事はこちら

韓国産のカキの価格も広島産に引っ張られ、価格が上昇しております。

これは広島県産の牡蠣の代替えで韓国産の牡蠣の日本の輸入が増えたためです。

韓国産のカキは日本ではカキフライにされることが多いようです。

来年の牡蠣の状況は?というと、今年の牡蠣の稚貝の生産が好調だったことと、減産を受けて今まで生産していなかった地区でも生産を始めたとのことで、徐々に回復してくると思います。
来年以降は価格は元に戻りそうですね。あーよかった。

なんでも今回は試験的にカキの養殖場の近くで稚貝を採集したとのこと。
これが良い結果につながったのと、天気が稚貝の成長にちょうどよかったとのこと。

昨年は天候がカキの種苗にとっては悪かったのが減産のもともとの原因だったのですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク