長野県で塩丸いかと呼ばれている食べ物。
 
これは足(ゲソ)と内臓をとったするめいかを塩漬けにしたものです。

長野県でしか、見かけたことがありません。
 

新潟県では主に佐渡地方で生産される塩いか。
こちらは塩するめ、と呼ばれることもあります。

するめいかを足(ゲソ)付きのまま開き、内臓を取り除いて塩水に漬け、そのあと乾燥させます。

干しするめと違って固くなるまで干しません。

軽く干す程度です。

食べ方は天ぷらや、焼いて細く切ったものにマヨネーズ、七味唐辛子などを付けて食べます。

 

軽く干してあるだけなのでやわらかく、そのくせうま味が凝縮しています。
自分も大好きな食材です。


富山県に行きますと新潟県タイプよりももう少し乾燥を強くしたものが好まれていま
す。

色も若干黒褐色に色づきます。

 

これも焼いて食べるとつまみなどに最高ですよ。

塩いか、塩するめ、一夜干しいかの記事はこちらもどうぞ! 

スポンサーリンク

スポンサーリンク