今年は一大産地である宮崎が6月の日照不足などにより、収穫量が半減しています。

またテレビで血液サラサラ効果や食物繊維が豊富などの機能を放映
した影響があり、人気化しています。

このダブルパンチで品薄になっているそうです。


中国産のらっきょは為替の影響で2割ほど価格が上昇しています。

らっきょは玉ねぎなどと同じく、10カ月間と比較的長期の生育期間で育てられます。
収穫後も根を手作業できるなど、手間暇のかかる野菜です。

このような状況から、らっきょう漬けの店頭価格が上がるようです。
11月くらいから価格が上がると思われますので、好きな方は安いうちに買いだめしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク