車の宣伝では走りの良さ、乗り心地のよさ、居住性などをアピールしています。

それらをまとめて快適という言葉で表現できる。
そういうようにまとめた言葉のものを追求していったほうがより人間の根源的な欲求に迫れるというか。
スバルなんかは走りを極めれば安全になる、と言っていますよね。
走りを極めるためにはブレーキの性能を上げなければならない、ボディーの剛性を高めなければならない。

シンプルに走りを極める、といえばいいんです。

長い時間ドライブして疲れないか。
走りが楽しいか。

これらも走りを極めるという目標の過程で達成されることと思います。

スーパーマーケットも難しいことを言わずに味を極めるとか、味と価格を極める、とか。

そんなシンプルな標語を掲げれば、
現場が考えに迷わずに仕事ができるのではないでしょうか。

スーパーもチラシで新規顧客を呼び込んだら、リピーターにしていかなければ。
トレ―を食べるわけではないので白トレーでもいいし。

見た目、雰囲気も大事でしょうが、
その替わりに三大欲求の一つである食欲を刺激した、より根源的なものを目指すほうがいい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク