商習慣における、帳合とは?どのような時に使われるのか?

 

帳合という言葉をご存知ですか?

日本の商習慣の一つです。

業者間取引で、実際の荷物のやり取りをせず、伝票だけ計上することをいいます。

たまに聞く言葉ですが、実際、どのような使われ方をしているのでしょうか。

 

帳合とは?

帳合とは:

あるお客さんへ納品するために、第三者の業者に売り上げの何パーセントか払うことです。

あるいは直接配送できるのに、地元の業者から納品してもらうこともあります。

伝票だけ通して、配送は自分たちでする、ということもあります。

 

商品やサービスを動かす訳ではないですが、間に入って手数料を得ます。

これが”帳合”です。

 

本来の帳合の意味合い


帳合というのは
本来は知らないもの同士をつなぐ役割を果たしています。

欲しい企業と売りたい企業を橋渡しする、これがまっとうな意味での帳合です

知らないもの同士だと信用がないので、お互いを知る業者に手数料を払って間に入ってもらうのですね。

 

帳合の例

帳合の例を出してみましょう。

 

A社はB社に商品を売りたい。

しかしA社・B社ともに面識がない。

面識がないと、売った代金を回収できるかとか、心配なものです。

 

そこで共通の知り合いであるC社に仲介をして販売します。

この時、商品の流れは以下のようになります。

商品の流れ

A社→B社

 

また、お金の流れは以下のようになります。

お金の流れ

B社→C社→A社

※C社が間に入っていますね。

A社はC社を通じて無事に代金を回収しています。

付加価値を生む帳合

共通の付き合いのある、C社の伝票を経由することで各社以下のようなメリットがあります。

  • A社(売る側)→売り上げが増える、信頼できるC社がお金を払ってくれるので、お金の心配が減る
  • B社(買う側)→幅広い商品を扱える
  • C社(仲介) →伝票を通すだけで利ザヤ(中間手数料)が稼げる

ということです。

 

これは付加価値を生んでいる、といえます。

それぞれにメリットがあり、社会の発展に寄与している、といえます。

 

あまりよくない帳合の場合

 

ただし、中にはよそ者を入れたくないとの保守的な気持ちで帳合を迫る場合もあります。

 

 

あるいは自分の売上、利益を増やしたいがために力関係を利用して「うちの伝票を通して納品しろ」と迫る場合もあります。

実際その中間に入った業者は何ら付加価値を生んでいないのです。

 

最終的な消費者からすれば価格が高くなるだけですね。

 

だけど顔役の業者に「帳合料を払わないとお宅との取引、考えさせてもらう」と脅かされる場合もあります。

(実体験です。割とよくあります。)

寺銭みたいなもんですね。場所代というか。

 

実際自分もそういわれた経験があります。

ほんと合理主義のアメリカなんかからみたらバカバカしいことですよね。

 

ただし大手や、大都市圏へ行くほど、帳合は減ってきます。

そんな甘っちょろいことをしていたら生き残れないんでしょうね。

 

田舎はなんだかんだいってもぬるま湯なんです。

 

良い意味でも、悪い意味でも。

 

ここら辺の偏屈な考え方が田舎の発展を阻害しているのではないか、と考えるわけです。

あと、長野や群馬など戦国武将たちの草狩り場だったところはよそ者を受け付けない空気が薄い気がします。

 

顔役なんて領主か変われば一蹴される、と身に染みてわかっているのでしょうか。

だから長野や群馬の業者は強いのかもしれません。
完全に余談でした。

 

 

<スポンサーリンク>

会社に振り回されない人生の一歩は、資産運用から始めましょう。