TPP
自由貿易の旗印の下、TPPが大枠で合意したことは記憶に新しいところです。
ところで、なぜ各国は自由貿易へと向かうのでしょうか。

自由貿易とはミルトンフリードマンさんなどが提唱する「新自由主義」の考え方に基づいています。
このミルトンフリードマンさんの考えは「選択の自由」という本にまとめられています。

この本でフリードマンさんは

政府などの規制を入れず、すべて自由に経済活動をすれば、やがては最適なところへ落ち着く、という考えを示しています。
自由にさせるとメーカーは何をするか分からないから怖い、という日本の方は多いと思います。
しかしアメリカ、シンガポールなど、自由主義から始まった国は自由ということが根付いています。
アメリカなどは自分や家族の身を守るのも警察に頼らず、自分自身で、という考えの方もいらっしゃいます。
なのでなかなか銃を規制できないのですね。

要は自分で考えて正しい物・事を選択しましょう、そしてそれを判断するための情報は提示しますよ、ということです。、ということです。

こうすることのメリットは政府の役割を小さくできる(小さな政府)=税金を低く抑えることができる、関税がかからないので消費者としてはうれしい、経済活動が盛んになる、最適なところへ最適に配分(市場原理)といったところでしょうか。

デメリットは正しい知識の無い人は正しい選択を出来ない、格差が広がりやすいということでしょうか。

デメリットが大きいから、といって究極の「大きな政府」にすると社会主義、共産主義ということになります。

社会主義はソビエト崩壊などの例によると、人々のやる気を奪い、経済活動が停滞するので、現在では否定的な考えが主流となっております。

しかしマルクスの「資本論」をかじった知識としてはそれほど悪くない考え方だと思います。
ただ、実際に運営してみると、うまくいかないことが多かったようですね。
理想は「資本論」に書いてあることだけど、運営するのが人間である以上、思うようにいかない。妥協案として自由主義の方がよいのではないか、と自分は考えています。

そうするというと自由主義の過渡的条約であるTPPは、方向性としては正しいと思います。

ただ、すべての規制をとっぱらうというのは問題もあります。
たとえば遺伝子組み換え作物というのは国によって考え方が違うわけです。
この規制もとっぱらう、というのがTPPです。

自由主義なので、買いたくない人は買わなければよいのでは?
そういう考えもあります。

しかし、遺伝子組み換えの種子を輸入して、栽培すれば当然花粉が飛びます。
花粉は遺伝子情報ですから、これが隣の非遺伝子組み換え作物に影響を与える可能性は十分に有るわけです。

遺伝子組み換え作物は農薬を使うくらいなら、組み換えのほうが安全だ、という考えもあります。

あるいは医療の考え方も規制を取り払うと、日本人の感覚からすれば、受け入れられないことも多々あるそうです。

国民が選択した政治家がTPP推進を決定したので、最終的には国民の意思、ということになるのでしょう。
いずれにしても選挙で政治家を選ぶのは国民です。
自分には関係ない、と思っている間にどんどん話が進んでしまいますので、しっかりチェックしていきたいと思います。

自分が選択した結果が間違っているのならあきらめもつきますが、気が付いたら「こんなはずじゃなかった」なんてことにならないようにしたいと思います。

 

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク