新潟の人は「富山の氷見のブリより佐渡のブリのほうが旨いよ!」と言います。
そりゃそうですよね。プライドがありますから。
逆に富山県の方は富山のブリが最高ということでしょう。なんてったって富山湾は天然の生け簀ですからね。

実際本日見た9kg台の佐渡の寒ブリは身がカチカチにしまっていて、魚屋さんに言わ
せると「間違いなく美味しい」とのことでした。

新潟県漁連さんのホームページによると

“ブリは北海道から台湾近海に至る温帯域に分布し、日本の沿岸各地で広く見られます。成長につれて餌となるアジ、サバ等の群れを追いかけ日本列島の周りを回遊します”

”春に日本列島を大きく北上し北海道まで至ったブリは、水温が15℃を下回る11月頃から南下をはじめます。この南下途中の11月中旬から1月頃に新潟沖を通過する際、佐渡の定置網に入ります。”

なので寒ブリと称する「戻りブリ」が穫れるのは佐渡が一番早いということです。

ちなみに最近はアジ、サバを追いかけて遠く北海道のオホーツク海でも水揚げされることもあります。
鮭を獲る定置網にかかっているのを見たことがあります。

これから旬を迎える寒ブリ。
氷見の寒ブリは築地にも知れ渡る高級魚ですが、佐渡の寒ブリは隠れた名品です。
名前が知れ渡る前にぜひ、ご賞味あれ!

それにしても今日見た寒ブリ、食べたかったなあ。

 

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク