例えば中国の魚を新潟で味噌漬けに加工します。
すると産地としては「新潟産」とうたえます。
なんか変ですよね。

中国産が新潟産になるなんて。 
今の法律では加工地は最終加工地が産地になるんです。(生産地)
 ただ、大手のスーパーはそういう場合、二種類表示していますね。
原料の原産地と加工地と。
これがまあ、良心的ですよね。
加工にいろいろな原材料を含むと表示するのは大変になりますね。

あまり加工度が高くなければこれでOKでしょう。 

日本で水揚げされた魚を中国で加工した場合はどうでしょう。
原産国:日本 加工国:中国ですね。
消費者の中にはは中国の食品偽装事件や異物混入事件などで中国アレルギーの方もいらっしゃいます。

いずれにしても選択するのは消費者の方です。
中国加工のものと日本国内の加工のものと一緒に売り場にあれば選択の幅も広がり(価格と品質の選択)ます。

わかりやすい表示を心がけたいものです。
 

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク