まあ、それは簡単な話、たくさん水産物が水揚げされるからですね。
一つの魚種で大量に水揚げされると市場では飽和状態になって、買い叩かれてしまいます。
それを防ぐ意味もありますし、遡って昔は保存を効かせるために加工する必要があったのでしょう。
北海道は季節によって決まった魚種が大量に水揚げされます。
春はタコ、ニシンが穫れますし、春から夏にかけて帆立、マス、時しらず。
秋には鮭、それに付随してイクラ、筋子が生産されます。
その後は本ししゃも。
冬になれば再びタコ。そのあとはタラ、スケソウダラ、それに付随したたらこ。ズワイガニ、タラバガニ。

北陸なんかほど魚種は豊富ではないですが、単品で季節ごとに大量に穫れる魚があるというのは加工業者にとっては大変ありがたい話です。
なにせ上記の魚を順繰りに加工していけば一年中従業員を雇用していられるのですから。
もちろん業者によって、あるいは浜によって得意・不得意があると思います。
でも日本全国どこを探しても北海道ほど水産加工に適したところはないのです。
ある意味では北海道はアメリカのアラスカのような存在ですね。

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TP0SM+3BO7OQ+3H8C+674EP” target=”_blank” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”468″ height=”60″ alt=”” src=”https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=170808646201&wid=004&eno=01&mid=s00000016230001041000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=2TP0SM+3BO7OQ+3H8C+674EP” alt=””>

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク