今日とある鮮魚センターで10kgくらいのブリが5万円で販売されていました。
山陰方面のブリだそうです。
山陰方面のブリは価格が安いです。
ブリは北の海で脂肪を蓄え、この時期に南下してきます。
それを佐渡や富山湾で水揚げすると大変脂がのっています。

だけど申し訳ないですが、山陰まで下ってしまうと、エネルギーの使い過ぎで脂肪が少なくなってしまいます。
今の価格でいうと100gで500円くらいでしょうか。
それでも高いですけどね。

佐渡のブリなんかは今の時期、100gあたり700円近くします。
和牛の霜降り肉くらいの価格ですね。
富山の氷見の寒ブリはまだ型が小さく、3kg台とのことです。
佐渡の寒ブリはたまに10kg台のものも出回っています。

富山湾は天然のいけすと言われるところです。
能登半島が突き出しているので海が荒れないのです。
だから日本海が荒れた時はぶりが富山湾へ避難するのです。
そして富山湾での水揚げが盛んになるのです。
しかし今年は海が荒れていない。天気がいいんです。
なので大きなブリたちは富山湾に❝避難❞しなくても生きていけるんです。小さなブリたちだけ富山湾へ入っている状況です。

大きなブリはおいしいの?
おいしいです。佐渡や富山湾のブリで身が締まっているものは。

ただ、同業の方の話だと大きいブリはつぶしがきかず、大変だということです。
価格も大型のものほど割高なのに切り身にしたら「一切れいくら」という価値観になってしまいます。
大きなブリだから価値があるのに「切り身」になってしまうと価値をお客様に理解してもらえないのです。
だから敬遠されがちなんです。まあ刺身にすれば元はとれるということですが。
ブリは信頼できるお店で購入するのがおすすめですよ!
さかなをよく知っている方にほんとのところをよく聞いて購入されるのが良いと思います。
僕のおすすめの魚屋さんはこちらです。↓↓
新潟県糸魚川市「スーパーサンエー」
 
こちらに行かれたらぜひ鮮魚コーナーへ立ち寄ってみてくださいね!
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク