ノルウェーで獲れるサバはスズキ目 サバ科 サバ属の魚だそうです。日本の真さば
より頭と口が大きく精悍な顔つきをしています。また、体には太い横縞があります。
大陸棚上の表層を群れて回遊し、ニシンやタラ類の幼魚、イカナゴ、プランクトンな
どの魚類をえさとします。冬は海底で餌を取らず、春から餌を食べ始め、5月から6
月にかけて産卵を行うそうです。産卵後、北上しながら猛烈な勢いで餌を取って成長
し、皮下を中心に大量の脂肪(体重の30%に達する)を蓄積するとのこと。夏の頃に
は脂の乗りが最高になるそうです。
どちらにしても寒いところでとれる魚というのは脂の乗りの点で一日の長があります
ね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク