桜海老と小えびの違いとは?

【桜えび】

<桜エビとは>

スポンサードリンク



桜の咲くころに獲れるからか、桜のようにピンク色だからか。

赤くて透き通り、きれいな色をしています。

桜エビとは、静岡県の駿河湾で漁獲されたものが本来「サクラエビ」と言うそうです。

小さい海老なので、移動せず、狭い海で生活して固有化したのだと考えられます。

そういう意味では富山湾の白エビと同じ固有種だと思います。

Sergia lucensという学術名で日本の静岡県周辺と台湾の一部でしかとれないそうです。
(台湾でも似たような種類のエビがいて、サクラエビとして販売されています。ここら辺がよくわからないところです。)

<食べ方>

乾燥したものをお好み焼きやかき揚げに入れたり、菜の花と和えたり。

メインの料理ではないけど、ちょっとした付け合わせなどに使われます。

最近は生桜えびの丼ぶりなどが話題になります。

生の桜えびを温かいご飯に乗せ、しょうゆをかけて豪快にいただきます。


スポンサードリンク




もともと傷みやすいエビで、静岡県などの産地でしか生食されていませんでした。

産地でも旬にしか生で食べられなかったようです。

しかし、現在の保存技術(冷凍やナノバブル)により、いつの時期に日本中どこでも食べられる食材となりました。

春の桜の時期に桜エビを使った軍艦巻などをスーパーで見かけました。

<漁期について>

漁期は春と秋の二回です。

漁の許可がでる時期が決められています。

毎年何日から何日と決められます。

それでも天候が悪ければ獲れません。

獲れないまま漁の期間が終われば、その時期は不漁、ということになります。

他の産地のものも昔は“桜海老”として販売されていましたが、現在では「小えび」などと名称が変更されています。

小えびと称して売っているのはアミエビや桜海老に似た種類のえび、ということになります。

【小エビについて】

小エビは桜えび以外の小さいエビの総称としての呼び方と、乾燥させた商品名としての小えびの二つがあります。

原材料にはアミエビ、オキアミなんかが使われているようです。

干したものの用途はお好み焼きなどの具として、使い方は桜エビと一緒です。

一方、あまり生では食されていないようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク