愛知・三重県の小女子(こうなご)漁が今季禁漁になるとのことです。

毎年3月上旬に始まる愛知・三重エリアの小女子漁ですが、今季は事前調査の結果、ほとんど水揚げが期待できないとのことで、全面禁漁となるそうです。

昨年も水揚げが少なく、原料の手配には四苦八苦しました。

新漁のものは高いのでヒネの安い物を手配したり。



でも脂やけしている(時間の経過によって色が変色。食用には問題ないが食味落ちる)ものがほとんどでした。

しかも劣化したものでも高値。


そこまでして小女子を食べなくてはいけないのか、とも思いました。


他の産地(茨城、福島、宮城、岩手、北海道)はシーズンはまだまだこれからですので、小女子がまったく食べられないというわけではありません。

しかし主産地の一つの愛知が禁漁というのは前代未聞。



高値になることは必至です。

翻って似たような使用方法のしらす類(いわしの稚魚)は今年豊漁です。




価格も安く、関西方面で人気のちりめんの大型のものは築地での相場で1kg1000円を切るものも出回ってきているようです。

小女子と同じような大きさ、同じような固さ、しかも美味しい。

ここは高値の小女子を追いかけるより、いわしの稚魚類を追いかけた方が賢明かと存じます。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク