チリのぎんざけ
チリではエルニーニョ現象による海水温の上昇で藻が大量発生。
養殖中のアトランティックサーモンや銀ざけが酸欠でへい死する事態となっているそうです。
その規模は製品換算すると数万トンに上るようです。
こりゃまたチリ銀反転値上げか?
水産業は畜産業と違い、常に気候の変化に敏感に影響を受けます。
養殖でさえこうなのだから天然物はもっと影響されます。
昔より悪天候が多く、漁に出られない、南方系の魚が漁獲され、以前獲れていた魚が獲れなくなった、などはここ10年でよく聞く話です。
逆に温暖化で普段取れない魚が大量に獲れ、なじみが薄いので安値で買いたたかれる、なんてこともあります。
そこが狙い目です。
たとえば日本海側ではさわら。
北海道ではハマチ、ブリなど。
柔軟に安い魚を選んで食べればお財布にもやさしいく美味しく食べられますよ~

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク