たこの美味しい選び方。オスとメスで味が違うって、知っていますか?

DI_IMG_5738_TP_V1




年始に食べられる食材として有名なタコ。

“多幸”(幸が多い)に通じることから、正月の縁起物として食されます。


たこにも当然オスメスがいます。




【タコのオス・メスによる、味の違い】


一般的にはメスの方が身がやわらかく、美味しいです。

食べ比べると、やはりメスの方が美味しく感じます。



オスは固いというか、こりこり、ぶよぶよというか・・・・

言葉では表現しづらいですが、とにかくメスの方が美味しく感じました。




これは真だこ、ミスダコ共通するようです。


見分け方としてはオスは吸盤がまちまちについているのに対して、メスは吸盤がきれいにそろっています。





【真だこ、ミズダコの違いとは?】

・真だこ

関西方面でよく食されている“真ダコ”というのは温帯~熱帯に生息しているたこのことです。



兵庫県の明石などが有名です。




・ミズダコ


一方、関東以北、東北・北海道で一般的に食されているのはミズダコ。

寒いところに生息して、タラバガニなどの豊富な餌を食べているせいか、大きくなります。


なんと、一部の産地や、市場では、このミズダコのメスのことを“真だこ(マダコ)”と呼んでいます


それは間違いなのですが、根強く、マダコ、と呼ばれています。


まあ、商品名として「マダコ」と呼ぶならいいかな、くらいに思っています。


買う時に気を付けてくださいね。

販売している側も分からずに「真だこ」としている場合もありますので。


足が大きく、1本で500gもあるものや、産地が北海道や東北など、寒いところのものは大体ミズダコか、ヤナギダコです。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク