暑くなってくると食べたくなる、うなぎ。
このうなぎ。資源が少なくて今年の夏には食べられないのでは?と言われています。
というのもニホンウナギの稚魚の価格がものすごく高くなっているからです。
ちなみに稚魚の価格はkg360万円!
ものすごく高いですね。
かば焼きとして出回ってもすごく価格が高くなるのでは?と言われています。
そこで昨今注目を集めているのが、資源量がそこそこいると考えられるアメリカ原産のうなぎ、ロストラータ種。
今回はそのロストラータ種の味について書いてみました。

スポンサーリンク

アメリカ大陸で獲れるロストラータ種の味は?

ロストラータ種のうなぎのかば焼きを家族で試食してみました。
unagi-kabayaki_640
私:
「このうなぎのかば焼き(ジャポニカ種)とこのうなぎのかば焼き(ロストラータ種)、ちょっと食べ比べしてみて!」
妻と子供たち:
「どっちかが『なまず』なんでしょう?!」
私:
「ち、ちがうよ!とにかく両方うなぎのかば焼きだから食べてみて!」
私:
「どう?!味は?」
子供たち:
「どっちも美味しい!」
妻:
「うーん、こっち(ジャポニカ種)のほうは臭みがあるね。こっち(ロストラータ種)はふわふわして臭みもなくて、美味しい!」
子供たち:
「うん、たしかにこっち(ロストラータ種)のほうが美味しい!」
・・・・
というわけで我が家ではロストラータ種のほうが美味しいという結果になりました。

ロストラータ種の美味しさはかば焼きの仕方で変わる

たしかに自分も試食してみると、ロストラータ種は身がふわふわでやわらかく、クセもなくて、美味しかったです。
しかし以前食べたロストラータ種のうなぎのかば焼きはゴムを食べているようで美味しくなかったです。
どうやらこれは蒸し方などの調理に秘密があるようです。
ロストラータ種は皮が固いようです。
そのために蒸しを強くする必要があるようです。
しかし個体差が結構あり、蒸しを強くするとちょうどよいかば焼きと蒸しすぎのかば焼きができるそうです。
つまりやわらかかったり、固かったりというようになるようです。
うなぎのかば焼き自体、味付けが濃く、炭火で何回も焼くので、同じような味になるのでしょう。
ロストラータ種で、美味しいうなぎのかば焼きの見分け方は?

スポンサーリンク

ロストラータ種で、美味しいうなぎのかば焼きの見分け方は?

ロストラータ種を使ったうなぎのかば焼きの見分け方は難しいです。
一般的に価格の安すぎるものは美味しくない可能性が高いです。
またかば焼きをよく見るとねじれていたりすることがあります。
こういうものはまだ皮が固い可能性があります。
やわらかく仕上がったものは形がまっすぐで、ふっくらとしています。
なんとなく見た目で表面がデコボコしているものも蒸しが甘い可能性があります。
つまり固いということですね。
今年のうなぎのかば焼きの販売はどうなる?

今年のうなぎのかば焼きの販売はどうなる?

今年はこちらのロストラータ種が出回りそうです。
しかし昨年2017年に販売して不評だったところはジャポニカ種などを取り扱うようです。
価格が高くても美味しいジャポニカ種を選ぶか、それとも美味しいロストラータ種を見分けるか。
今年のうなぎのかば焼きはハードル高いですね。
うなぎの記事を買うなら丑の日を過ぎてから?の記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク