チリ銀も高いし、トラウトは高嶺の花だし、秋鮭は脂が少なくて人気ないし。

鮭類が全滅ですね。

で、最近よく見かけるのが「アトランティックサーモンのハラス」。

アトランティックサーモンとは

大西洋で水揚げされる種類のサーモンです。

育てやすいので、世界中で養殖されています。

脂の乗りもよく、昔はキングサーモンの代用として、販売されていました。

いまでも生食用から焼き物まで、スーパーに並んでいますよ。

そのアトランティックサーモンの腹の部分、一番脂のあるところ、腹の薄い部分ですね。

皮が白い部分といえばいいのか。

そこだけ集めて売っているんです。

当然脂肪の塊なので、脂が乗りすぎってくらい乗っています。

それが価格が以前からほとんど変動していないのです。

なので各お店で白羽の矢が立って、販売されています。

おつまみやごはんにも、割と合いますよ。

脂強いので個人的にはもう少し脂がないほうが好みです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク