新潟県では、昔はあまり取れなかったさわら。
最近日本海では水揚げされてお魚屋さんでもよく見ます。
一度カマ(頭と身の境目の部分)を食べたのですが、脂が乗ってとても美味しかったです。
脂のノリが良いものは刺身でも美味しいです。
なかなかいける魚だと思いましたよ。
最近サワラに限らず、南方の魚が獲れるようになってきました。
温暖化のせいでしょうか。
ただ、数年周期で過去にも海水温が高かったこともあるので、温暖化ばかりが原因ではないかもしれません。
日本海の海水温が上昇しているのは事実。
海水温は1℃上昇するだけでも海産物の生育に多大な影響を与えるそうです。
1℃違っただけで海苔が不作になり、スルメイカが不漁になります。
その代わりいままで余り食べなかった魚が増えているようです。
マンボウが水揚げされたり、サワラが獲れるようになったり。
しかし、水揚げされるものを食べていけばいいんですよね。
サワラ。これから積極的に食べていきたい魚です。
サワラリの水揚げは日本海ではそろそろ終わりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク