昆布巻は、一家庭あたりの昆布の消費量日本一の富山の郷土料理です。
かの地のスーパーではでは昆布巻きの種類と量が豊富です。
それだけ各家庭に昆布が根付いているのです。
なぜ、北海道の産物である昆布を食べるようになったか。
それには昔の商流に秘密がありました。
富山はその昔、北前船による交易の中継地点の一つでした。
北海道から昆布や海産物を運んできた北前船が中継地で補給のための現金確保のため、昆布などを卸していたそうです。
また、富山県から北海道へ多くの人が移住したことも富山に多くの昆布がもたらされる要因となりました。
そのため富山県では昆布の食文化が根付き、昆布巻は江戸時代より作られています。
昆布はにしん昆布巻や昆布で〆(しめ)た刺身など、魚の加工に昆布が多く利用され、富山の昆布の食文化は独自に発展しました。
珍しいところだと、鰻(うなぎ)の昆布巻き、なんていうのを見たことがあります。
(食べていませんので味はわかりません。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク