チリ銀の新物。11月頃より搬入予定。価格はどうなる?!

チリ銀来年の生産量
salmon-1581668__340
今年、2017年のチリの銀ざけの生産見込みは12万トン。
これは日本の年間消費量8万から9万トンを上回っています。
12万トン生産してると言ってもそれが全て日本に入ってくるとは限りません。
ロシアにも数千トン輸出してるようですし、12万トンの内、80%から90%が日本向けと考えると約9万トンぐらい9万トンから10万トンが日本に入ってくると思われます。
単純に考えると需要と供給の関係から値段が下がると思われます。
つまり搬入が本格化する来年の1月以降チリ銀の値段は下がると思われます。
もちろん下がるのがわかっていますから、その前に在庫のある所などは値下げをしてくるでしょう。
そうするともしかすると新物が搬入され始める11月頃には若干下がるのではないでしょうか。
ただし、魚体(魚の大きさ)は相変わらず大きいようです。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク