鮭とサーモンが何が違うかと言われれば本来は一緒です。
鮭を英語で言うとサーモン。 サーモンを日本語に訳すと鮭なのです。
しかし今の日本で日本語的にサーモンというと輸入の鮭のこと、あるいは生食できる鮭をサーモンと呼んでいる気がします。
輸入鮭、例えばアトランティックサーモンやトラウトサーモン(ニジマス)など輸入の養殖されているものは サーモンと一般的に呼ばれています。
売る側が輸入の鮭を「サーモン」として、アピールしたのでしょうか。
そのまま定着してサーモンとなっています。
同じ輸入でも紅鮭なのなんかは紅鮭。鮭と言う名前が付いていますね。決してレッドサーモンとは 言わないです(日本では)。
ほかには生で食べる場合も サーモンと言いますね。
これは例えば新巻き鮭なんかは生で食べても脂肪が少ないのであまり美味しくありません。
それに対して海外で養殖されているサーモンは脂が乗っていて刺身で食べると とても美味しいですね。
というわけで生で食べる鮭も輸入品が多いのでサーモンと呼ばれています。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク