8月前半に水揚げされる鮭。

白鮭なのですが、時しらず(ときしらず・時ざけ)です。

なのに流通時は「秋鮭」とわざわざハンコを押して流通したりしています。

9月以降の秋鮭のシーズンに出回る鮭にはわざわざ「秋鮭」などと書いてありません。

自分はこれが疑問だったのです。

時しらずは秋鮭と生物学上同じ種類になります。

例えていえば、下品ですが日本人と韓国人のような違いです。
出生地が違うだけです。

時しらずはアムール川水系といわれているところの故郷へ帰る途中で北海道の近くを通るのです。

その時に水揚げされるわけですね。

種類は同じでも漁獲される時期によって時しらず、秋鮭となります。

それは漁獲する人間の解釈によるものです。

現代では獲れる時期というよりも成熟する前の若い鮭、というのが時しらずの暗黙の定義になっていると思います。

で、お盆前に定置網で漁獲される白鮭はなぜわざわざ「秋鮭」と書いてあるのか。

これは母川主義という考え方が絡んでいる、と自分は考えています。

「時しらずはロシアの川に帰ってくるべき魚。それを途中で漁獲するのだからお金を払え」というのが母川主義です。

今は留学中でアメリカに住んでいるけど、日本で生まれたのだから日本へ税金を払いなさい、ということでしょうか。

で、時しらずということになればロシアにお金を払わなければいけない

なのでわざわざ「これは秋鮭です!」とアピールする必要があるのではないでしょうか。

どうも日本は交渉が下手で「赤い商人」と呼ばれたロシアに言いくるめられている気がしますね。

最近ではプーチンさんは「大陸棚主義」と言っています。

つまりロシア領土から広がる大陸棚はロシアの経済水域ということです。

うーん、拡大解釈。

がんばれ日本!

今日は時しらずをわざわざ「秋鮭」として販売する理由について考えてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク