平子煮干し(真いわしの煮干し)は、小さい物が主体となってきています。

 
小さい煮干しは出汁が出ない、と思っている方がいらっしゃいますが、誤解です。

煮干しは基本的に頭を取って煮出します。

この頭を取るのが小さいと面倒なのです。
だから小さい煮干しは敬遠されがちです。

しかし小さいほうが脂が少なく、脂焼けしないのでよい、という人もいます。

小さい煮干しを好んで使用する方もいらっしゃいます。

どちらが良いかは好みですが、少なくともうま味成分を抽出する分には小さくても大きくても変わらないようですね。

最終的には煮干しを一本食べてみて、旨味があるのか判断します。
脂があるとおいしく感じますが、あくまでも旨味を感じてみてくださいね。
噛めば噛むほど美味しい煮干しがおすすめですよ~

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク