【定置網漁】

沿岸で海の中の魚の通り道に固定式の網を仕掛け、

母川に戻るために川へ近づく魚を中に入れ、

入ると出られない漁法です。

魚の母川へもどる動きを利用しますよ。

【(定置)刺し網漁法】

まず魚が通るルートに特定の網目の網を固定しておきます。

網目より小さい魚は素通り出来ます。

網目より大きい魚は頭は通りますが お腹がつかえて通れない、後退もできないということで人間に漁獲されます。

定置網よりも手軽に仕掛けられ、魚を逃がさず、大きい魚を一網打尽に出来るので漁業者には人気の漁法です。
サケマス漁における定置の刺し網漁というのは どうやら禁止らしいですね。

あまりにもとれ過ぎて、資源に悪影響があるからでしょうか。

網目でうっ血、打ち身が体につく漁法なので、商品価値が落ちる、そのために使わないのかもしれませんね。

【流し網漁法】

刺し網漁の一種です。

ただし一般的な刺し網は海底に固定するのに対して、

こちらは船から刺し網を流します。

だから流し網漁と言います。

船で沖へ出て、魚の通り道に網を流し、

網目より大きい魚が刺さって抜けられなくなる漁法です。
(死のカーテン、と呼ばれることもある漁法です。)



日本は春にこの漁法でカラフトマス、紅ざけなどを漁獲しますよ。

以上、定置網漁、刺し網漁、流し網漁、の違いでした。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク