北海道では色々な昆布が生産されています。

この業界でも高齢化の波が押し寄せています。
昆布は海岸の所有者ごとに区画が割り振られ、その範囲で個人が生産しています。
畑と同じです。
その個人が高齢化で生産を止めてしまうのです。
そうすると、隣の区割りの人に声をかけて、「空いたところを使って」となります。
一人で何区画もやる人が増えているのです。
加えて昨今の低気圧で海の中がぐちゃぐちゃに荒れてしまいます。
昆布に傷がついて、安く買い叩かれてしまいます。
そうすると採算が取れない、と判断した生産者は廃業してしまいます。
もう一つ、昆布の品質を下げる原因があります。
それはウニ。
ウニは食べると美味しいのですが、昆布にとっては天敵。
昆布の葉っぱを点々と食べます。
すると昆布に穴が空き、品質が下がります。
そんな有りがたくない、ウニの発生が近年増えているようなのです。
じゃあ、ウニを捕ればいいかな?とも思いますが、そんなに簡単じゃないですね。
車屋さんに「明日からレストランをやって」というようなものだからです。
まとめると
①高齢化で廃業
②気候の変化で採算が合わなくて廃業
上記の理由から、昆布の生産量が落ちているのです。
スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク