スポンサーリンク

銀葉草ってご存知ですか?

正式にはアカモクというそうです。
佐渡では「ながも」などと呼ばれています。
最近、その健康効果が注目を集めています。

旬はいつ?

銀葉草(ナガモ・アカモク)は冬の時期、三陸方面や日本海側で取れる 冬の味覚です。
2月から3月にかけてぬめりがでて、美味しくなります。

銀葉草(ナガモ・アカモク)の食べ方

一度、湯がいてから味噌汁に入れたりします。
僕はこの食べ方が一番好きです。
と言うかこれしか食べたことがないです。
シャキシャキした食感とぬるぬるした舌触り。いかにも健康に良さそうな海藻です。
お値段も安く大量に販売されています。
ちょっと生臭いところがあるので、できるだけ新鮮なものを選びたいです。
以前は産地で消費される、ローカルフードでした。
しかし、ナガモとして、その健康効果がテレビで喧伝され、一時ブームになりました。
今は定番商品として、全国的に知名度を得たようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク