牡蠣って美味しいですよね!

特に加工せず、そのまま焼いただけっていうのは最高です。

僕も去年初めて牡蠣小屋なるものに行きましたが、シンプルに焼いて食べるだけなのにとっても美味しい!最高でしたよ。
※画像は牡蠣小屋へ行った時のものです。

そんな最高な 殻付きの牡蠣がないかと探してたところ Amazon で売っているではありませんか!!
食べればわかる、絶対美味しいやつやん!と思わず言ってしまいます。

スポンサーリンク

真牡蠣(マガキ)は春が旬!

真牡蠣というと冬が美味しいといわれます。

実際、鍋やフライなど、食卓に登場する機会が多いかと思います。

しかし実は春が栄養豊富で美味しいんです。

栄養豊富な春の牡蠣

グリコーゲンの含有量は春が一番多いんです。

また、グリシンなども春が豊富。

つまり真牡蠣は春が旬で栄養があり、美味しい、ということですね。

スポンサーリンク

食べるなら産卵時期である夏の前がいい

また、貝自体、産卵前の春の時期が栄養豊富なことから「貝は春が旬」と言われています。

貝類は春を過ぎると産卵を迎えます。
つまりその直前が一番栄養があって美味しいということです。

牡蠣はRのつく月に食べよう!

ちなみに欧米で「Rのつく季節に牡蠣を食べよう」といいますね。

Rのつく月は産卵前後で身が細るから美味しくない、ということと、だと思います。(May,Jun,July,Augst~5月、6月、7月、8月は食べてはいけない、美味しくない)
逆にRのつく月は食べてもいい、ということになります。

これも的を得ていますね。

ただし、岩牡蠣はまた違うようです。
岩牡蠣は獲れる水深が深く、天然物中心です。
産卵期間もまちまちのようなので、夏でも美味しかったり、いまいちだったりするそうです。
魚屋さんに聞いたら、「岩がきは殻を空けてみるまで身の大きさがわからない時がある。」と言っていました。
一応選び方の目安として、岩牡蠣は重たいものを選びましょう。
また剥き身は身がぷりぷりしたものを選びましょう。

ゴールデンウィークのバーベキューにぴったり!

今年のゴールデンウィークは焼肉ではなく焼き牡蠣をして、兄弟家族と楽しみたいと思います。
今からとっても楽しみです。
5月上旬ぐらいまでが美味しい時期なのでお早めにどうぞ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク