お魚のネタ帳

お魚情報をわかりやすく解説

「アラスカ」の記事一覧

銀だらは品質がストレートに価格に反映されています。あ、なんでもそうか。

銀だら、小さいものは腹が薄いです。内臓を出すとペラペラで使い物にならないのです。だから安いからといって買うと歩留まりが悪く、安物買いの銭失いになりかねませんよ。 そこへくると「シルバー」なんかがオススメなんですけどね。 […]

回転寿司の数の子を作り出す、日本の技術力!もはや数の子は工場で「作る」時代です!

回転寿司でも人気の数の子。 パリパリした触感がたまりません! 数の子の魅力は何といってもあの、パリパリした触感にあります。 しかしパリパリした触感の数の子は高い。 それならなぜ、回転寿司でも食べられるの?と疑問に思います […]

たらこを鮮度だけで評価するとすれば、自分はアメリカ産が最高だと思います。味、価格は別ですが。

アメリカのタラコ生産は近代的です。船で水揚げしたスケソウだらを船内のベルトコンベアに乗せ機械で自動的に卵を取り出します。そのタラコをこれまた船内の急速冷凍機で一気に固めます。このやり方だとホントに鮮度が保たれるし、血が回 […]

アラスカ・ブリストル湾の紅さけ

アラスカ・ブリストル湾の紅さけ昨年の最終漁獲尾数が2900万尾だったのに対し、本年は今のところ3400万尾。 まだ水揚げが続き、最終的には3700万尾に到達する模様。ロシアの紅さけが高価な中、豊漁というのはありがたい話で […]

幻の北海道・道東紅サケ

北海道 道東紅サケ昨年の倍以上の価格で入札されています。昨年kgあたり1100円のところ本年は2500円くらいの価格。本チャン(北海道産)と称する紅鮭の価格が高騰。来年ロシアの流し網が禁止なので少しでも今のシーズンに国産 […]

アラスカの紅さけについて

アラスカの紅鮭については本年は大豊漁との予想が出ていました。 しかしながら、今のところ、昨年の豊漁には及ばない水揚げです。 ただ、大漁の魚群が沖で観測されたので、ここ数日のうちに大きな水揚げがありそうです。 それにしても […]