回転寿司屋さんのエンガワの正体は?

回転寿司屋さんって 価格が安くてしかも美味しい。

ファミリー層に大人気のお店ですね。

そんな回転寿司屋さんで僕が大好きなのがエンガワです。

コリコリしてて脂が乗っていて、とても美味しいです。

しかも 低価格で販売されています。

こんなに安くていいのかなあ?なんて思います。

いったいこの魚は何なんだろうと思いませんか?

回転寿司屋さんのエンガワは何の魚?

スポンサーリンク

その正体はカラスカレイやアブラカレイというカレイの仲間のエンガワの部分です。

エンガワとは?

ちなみにエンガワとは、本来ヒラメのヒレの部分についている薄い肉のことです。

ちょうど昔の家の縁側(外と内の境目)のようだから、この名前になりました。

脂が乗っていて大変おいしい部位です。

スポンサーリンク

カラスカレイ、アブラカレイはアラスカなどで獲れる、大型のカレイ

カレイと言っても日本で取れるような小型のカレイとは違います。

アラスカなんかで取れる大型のカレイ です。

大きさは平均1キロ以上。

その特徴は身に脂が乗っていること。

ほとんど油といった感じです。

カラスカレイとアブラカレイどっちが美味しい?

カラスカレイとアブラカレイのえんがわはどちらが美味しいのでしょうか。

これはカラスカレイの方が 臭みもなく食感も上品です。

アブラカレイも美味しいけど、カラスカレイよりは劣ります。

アブラカレイのみりん干しを食べてみた

アブラカレイのみりん干しはそれほど美味しくなかったです。

というのも食感がコリコリしていて鼻をつく魚のくさみ、があります。

なので市場価格は安めです。

ただ、調理によってはとても美味しい料理になります。

煮魚だと臭みが出てしまいますが、唐揚げなどにすると美味しくいただけます。

そしてエンガワ。

エンガワは意外とコリコリした食感で美味しいです。

そして カレイの寿司 というこれもアブラカレイのが白身のネタで使われています。

これも食べてみると脂が乗っていてクセもなく美味しいです。

そんなに捨てたもんじゃないですね。

しかも価格も安い。

というわけで回転寿司に使われているエンガワはほとんどがカラスカレイかアブラカレイのエンガワ、ということです。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク