メギス(ニギス)のおいしいくて手軽な食べ方は?

日本海側でよく食べられているメギス(ニギス)ってご存知ですか?

底引き網などで漁獲されるキスの仲間です。

新潟や富山などでは普通のキス(シロギス)よりも一般的です。

メギスの食べ方

スポンサーリンク

メギスは刺身で食べるということはまずありません。大抵加熱して食べます。

底引き網で取るため、それほど鮮度が良くないです。泥ごと網に入れますから。

  1. 干物にして焼いて食べる
  2. 煮付けつけて食べる
  3. フライにして食べる
  4. メギスの唐揚げ風炒め
  5. つみれ汁にする

など豊富なレシピがあります。

1.メギスの干物にして食べる

これ、ホント美味しいです。干すことによって味が濃くなります。

キスよりも泥臭いと言うか、魚の味がします。

慣れてしまえば嫌な味ではなく、魚の味わいが感じられて、僕は好きです。

あまり干しすぎると焼いたときに固くなります。

一夜干しくらいが僕は好きですね。

スポンサーリンク

2.メギスの煮付けにして食べる

これも美味しいです。我が家のメギス料理の6割はこれです。

煮付けは簡単!

なぜ我が家での登場機会が多いかというと、「簡単だから!」です。

ウロコをさっと包丁の裏で落とし、内蔵も頭も取らずに鍋へ。

醤油、酒、砂糖、生姜を投入して煮付けます。

細長い魚なので、すぐに火が通ります。

片付けも鍋やフライパンを洗うだけなので手軽に料理出来ます。

お腹のなかにはアミエビかいたりします。

また時期によっては卵を持っていることもあります。

僕はそのまま食べていますが、気になる人は取り除いてください。

3.メギスのフライ

これが絶品なんです!

日本海側ではこれが名物となっています。

メギスを開いてパン粉を付け、フライに揚げます。

サクサクしていてとても美味しいです。

家庭では油を使うのでハードルが上がります。

まず我が家では出ません。

お店で食べるくらいです。

スーパーの惣菜で売っていたりもします。

4.メギスは手軽に唐揚げ粉でも美味しい!

頭と内蔵を取って、唐揚げ粉をつけ、フライパンで炒めます。

これも結構手軽で美味しいです。

家庭で作るにはフライよりこちらがおすすめです。

簡単で、しかも美味しいですから。

5.メギスのつみれ汁

メギスのつみれ汁も美味しいです。

メギスのウロコと内蔵、ヒレ、頭を取り、骨ごとミンチにします。

ただ、家庭ですり身を作るのは大変です。

包丁でたたいて、すり鉢でゴリゴリ。

手間ですね。

日本海側ではスーパーでメギスのすり身が販売されていたりします。

しかも自家製だったりします。

メギスをひき肉を作る機械に掛けてミンチにし、塩と生卵で調味します。

この生すり身が美味しい!

これで味噌汁を作り、ネギをちらして食べたらもう他に何も要りません。

時期にならないと売っていませんし、ローカルなスーパーでしか売っていません。

もし欲しい方はコメントください。

時期になって、出回ったら教えます。

なんなら代行して買います。

メギスの獲れる時期

メギスは基本的には一年中獲れます。

ただし、7月から8月にかけては底引き網が禁漁となります。

そのためメギスはほとんど出回りません。

干物や冷凍物はありますけどね。

秋になるとまた底引き網の生メギスが出回りますのでぜひ味わってみてくださいね。

スポンサーリンク
私おすすめの海産物はこちら。

スポンサーリンク