帳合先との取引成立

帳合取引とは、小売店とメーカーの間に決まった卸業者(帳合先)が間に入って取引する、という意味で使われます。

この場合、小売店は特定の卸業者が帳合先として決まっています。

その帳合先は定期的・価格・品質などによって都度入れ代わります。

以下はオーケーという小売店が価格を理由に帳合先を変更する、という記事です。

オーケー/全商品の帳合い変更を取引先に告知

またメーカーから卸業者、小売店の取引だけではなく、卸業者同士、メーカーなどへも帳合取引をすることがあります。

帳合取引の使われ方

卸業の現場では、帳合取引の使われ方は以下のような感じです。

  • ○○スーパーへの○○ビールの帳合先は、○○という卸業者になっている
  • ○○スーパーの○○ビールは、○○という卸業者に帳合が付いている

などという使い方をしています。

実際このような会話を週に一回以上は聞きます。それだけ卸業者にとって帳合取引は大事というか、卸業自体が帳合取引とも言えます。

帳合取引の役割・知らない者同士をつなぐ

こうしてみると、帳合取引は、コストアップするだけのように思います。でも帳合にも役割があります。

帳合は知らないもの同士をつなぐ役割を果たしています。

業者間取引はほとんどが掛け売り(後払い)です。でも知らないもの同士だと信用がありません。

売ったほうは無事に代金を回収できるか不安です。
不安なので、お互いを知る業者に手数料を払って間に入ってもらうのですね。

買いたい企業と売りたい企業をつなぐ、これがまっとうな帳合取引です。

私もこれはよく使います。A小売店に売りたいけど、信用調査とか面倒な場合があります。

こんなとき、自社ともA社とも取引のある会社の伝票を通させてもらったりしています。

帳合取引の役割・離れたもの同士を繋ぐ

また、帳合取引は遠くの業者同士をつなぐ意味もあります。
納品したい先に、配達出来ない場合、有効です。

土地勘もない、配送ネットワークもないと配送できません。

そこで地元の業者に間に入ってもらいます。
間に入って、配送してもらうのですね。

これも卸業でよくつかう帳合です。地方に多い形ですね。

もちろん帳合料金を払ったり、卸す形をとることもあります。

良くない帳合取引もある

ただし、中には付加価値を生まない帳合もあります。中間に入って利ざやを稼ぐ取引です。これだと、コストが増えるだけですよね。
でも実際こんな非効率なこともあります。

力関係で帳合を迫る

よそ者を入れたくないと、保守的な気持ちで帳合を迫る場合もあります。
あるいは自分の利益を増やしたいがための場合もあります。

力関係を利用して「うちの伝票を通して納品しろ」と迫る場合ですね。(実体験です。割とよくあります。)

実際その中間に入った業者は何ら付加価値を生んでいないです。
消費者からすれば価格が高くなるだけですね。

だけど顔役の業者に「帳合料を払わないとお宅との取引、考えさせてもらう」と脅かされる場合もあります。

昔からの慣習で帳合料を払っている

また、昔からの慣習で帳合料を払っている場合もあります。
テラ銭みたいなもんですね。場所代というか。

これも長年の付き合いでなかなかメーカーとの直接取引はしづらいです。
消費者からしたら、その分余計なコスト増加になります。

帳合取引のパターン

帳合取引のパターンとして、

  • 特定の業者が小売店などに納品するパターン
  • 商品の納品はメーカーが行い、伝票だけ特定の卸業者を通すパターン

以上の場合があります。

①伝票だけ通す帳合取引

伝票だけ帳合先を経由する取引があります。この場合、荷物は直接納品先に届けます。そして伝票は帳合先へつけます。

代理で配達するみたいな感じですね。

この場合、帳合先に売り上げの数パーセントをマージンとして払います。これを「帳合料」といったり、キックバックといったり、リベートといったりします。

②買取の場合

帳合先が買い取り、納品先へ販売する形をとることもあります。この場合も「帳合」といっています。

このケースでは、商談は帳合先が単独で行ったり、一緒にいったりします。

帳合といっても、この場合は買い取り販売する、というものです。

「〇〇メーカーの商品はA問屋が帳合先になっている」などとルートが決まっていたりします。

その帳合先もずっと固定している場合と、定期的に見直す場合、適宜見直す場合などさまざまです。

こんな時にも「帳合」という言葉を使います。これが卸業で独特の使い方かもしれないですね。

というわけで帳合取引についてみてきました。

帳合取引は物流の良くない日本で発達しました。安定的に商品を供給する、という意味でも、特定の業者に任せた方が良いのです。