えんがわのお寿司って美味しいですよね。

えんがわは「縁側」と書きます。

通常平目という魚の、ヒレの肉です。

ヒレには骨がついているので、包丁で骨を削ぎ落とします。

ヒラメの絵。拙くてすみません。

 

えんがわの寿司は美味しい!

えんがわは大抵寿司でいただきます。

そのままだと脂が強くて、刺し身には向きません。

いや、刺し身でそのまま食べる人もたくさんいます。

ただ私の周りの人は大抵寿司で食べています。

えんがわの押し寿司もある!

びっくりしたのですが、えんがわの押し寿司というのもあるそうです。

参考URL神尾弁当http://www.bentou.net/product/article/%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%8C%E3%82%8F%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%AF%BF%E5%8F%B8

しかも駅弁じゃないですか!

えんがわ寿司を駅弁にしてしまうとは驚きです。

回転寿司でもえんがわの寿司が人気!

回転寿司でもえんがわの寿司が大人気です。

会社の先輩は「えんがわが一番コスパがいい」といって、えんがわしか食べません。

ただし、別の記事にも書きましたが、回転寿司の縁側はヒラメでは無いことがほとんどです。

参考記事:えんがわの魚はいったい何?https://fish-neta.com/engawa/

では回転寿司のえんがわはなんの魚かというと、「カレイ」です。

ヒラメとカレイ、何が違うかというと昔から「左ヒラメ、右カレイ」と言われています。

左に目がついているものが「ヒラメ」、右に目がついているものが「カレイ」というわけです。

でもこれ、例外もあるので、確実ではないそうです。

ただ、食性は結構違っていて、

  • ヒラメは小魚などを大きな口で狙う
  • カレイは砂の中のゴカイなどの虫を食べる

というものです。

ここらへんが味の違いになっているのかもしれませんね。

小魚を狙うとなると、俊敏に動かなくてはなりません。

そのためにはヒレを活発に動かす必要があるはずです。

そうするとヒレに筋肉が付き、こりこりの食感が生み出されると考えます。

えんがわ寿司の味の魅力

えんがわは食感がコリコリしています。

コリコリしているのに脂がのっています。

これがたまらないのですね。

普通コリコリしているものは脂があまりのっていません。

しかしえんがわはその両方を楽しめる、というわけです。

そのコリコリ、ジューシーなネタが寿司のさっぱりとしたシャリによく合うのですね。

えんがわの由来

えんがわはもともと日本家屋における、家の中と外との境界にある濡れ縁のことです。

家の端っこにある、他所様や外界との縁を結ぶ場所なのですね。

ここは通常は外に向かって板が貼ってあります。

普通廊下などは進行方向に板を貼ります。

しかしえんがわは水はけがよいように外に向かって板を貼っています。

ヒラメのえんがわはこの濡れ縁に見た目が似ているので、こう名付けられました。


スポンサーリンク

回転寿司ではえんがわの寿司を味わってみましょう

回転寿司のえんがわはカレイ、とお話しました。

なんだカレイか、と侮るなかれ。

これはこれでとても美味しいのです。

寒いところ(アラスカなど)で漁獲されるカレイなので、脂がのっています。

とても美味しいのに回転寿司などでは一皿100円などで販売されています。

コスパがとてもいいです。

ぜひ味わってみてくださいね。

回転寿司やスーパーのパック寿司のえんがわについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧くださいね。

参考記事:えんがわの魚はいったい何?https://fish-neta.com/engawa/