銀ひらす(シルバー)という魚をご存知ですか?知らずに食べているかも?

スポンサーリンク

最近、見かける魚、銀ひらす(シルバー)をご存じでしょうか。

銀ひらすもシルバーもどちらも同じ魚です。

価格が手ごろで味もよいのでよく見かけます。

いったい銀ひらす(シルバー)とはどこで獲れて、どんな味なのでしょうか。

銀ひらす(シルバー)とはいったい何者?!

銀ひらす(シルバー)という魚は南半球で漁獲される、「ワレフー」という魚の仲間です。

以前から輸入されていましたが、馴染みの魚が高値の昨今、注目されてきています。

味はヒラマサやブリに似ていますが、見た目は全然違います。

銀ひらす(シルバー)は南半球から輸入される魚

日本ではなじみが薄いですが、南半球ではメジャーな魚のようです。

当地ではよく食べられている魚だそうです。

銀ひらす(シルバー)の名前の由来はヒラスに似ているから?

英名で「シルバーワレフー」というので、そこから「シルバー」が標準和名とされています。

ヒラマサの地方名、ヒラスに味が近いので、銀ひらす、と呼ばれています。

他の呼び名として、水産庁のガイドラインでは

  • シルバーワレフー
  • ギンワレフー

なども標準和名として提唱されたそうです。

参照・水産庁の「魚介類の名称ガイドライン」

水産庁の名称ガイドラインより画像引用

 

標準和名は「シルバー」という魚ですが、「銀ひらす」という名称が一般的です。

そのため、このページでは銀ひらす(シルバー)としています。

銀ひらす(シルバー)は代替魚の草分け

昨今、一般的な魚介類が軒並み高いですね。

その為、水産業界ではあまりメジャーじゃないけど美味しい魚を探しています。

ただしこれは今に始まったことではありません。

以前から、日本での漁獲量が減った魚は、似たような魚を代わりに輸入する、という動きがあります。

その銀ひらすもそうして輸入された魚の一つです。

最近また注目を集めています。

しかし実はイオンがいろいろな代替え魚を始める前から出回っています。

昔は「沖ぶりの照り焼き」とか「ブリのたまり漬け」などで販売されていました。

そのため、気が付かずに食べていました。

代替え魚の草分け、とも言えますね。

代替魚とは

日本で人気ですが、日本で近年獲る量が減っている魚があります。

その代わりに世界中から見つけてきた魚が代替魚(だいがえぎょ)です。

有名なところだと

  • カラフトシシャモ(ししゃもの代わり)
  • メロ(むつの代わり)
  • ヒタチダラ(たらの代わり)

などです。

 

銀ひらす(シルバー)の味は?

先ほど少し触れましたが、この銀ひらす、シルバーは以前はブリやヒラマサの代用として食べられていました。

十数年前までは銀ひらすを使っているのに「沖ぶりの照り焼き」や「ブリのたまり醤油漬け」として販売していました。

(実際見たことがありますし、自分でも販売していました。)

いま考えるとちょっとまずいですよね。

現在は「オキブリ」の名称は使用しないこととなっています。

ただ、それだけ食感と味がブリやヒラマサに似ているということです。

僕もこの銀ひらす(シルバー)で作った「ブリの照り焼き」をスーパーで購入して食べたことがあります。

見た目は皮目がなんとなくブリみたいでした。

味はくせのない淡白な白身魚で、味噌漬や西京風味噌など、すこし味の濃いタレで漬け込むとおいしいです。

ほんと、ブリかワラサみたいでした。

味がなじみやすい魚ですね。

食感はコチコチとして、弾力があるのに決して固くない歯ごたえでした。

 

銀ひらす(シルバー)は冬に獲れたものが美味しい!

この銀ひらす。

獲れる時期で脂ののりと値段が全然違います。

冬に漁獲され、選別して脂の乗った銀ひらすは高く取引されます。

逆に脂のない銀ひらすは安い価格で流通しています。

なので一括りに「銀ひらす」といっても、価格と味に大きな差があるのです。

 

銀ひらす(シルバー)は安物を避けましょう。

脂ののりに差がある銀ひらす・シルバーなので、ちゃんと目利きのできる、信頼出来るお店から買いましょう。

魚に詳しいお店か、ちゃんと試食して買い付けているお店を選びたいですね。

その為にはその魚屋さんとのコミュニケーションが必要です。

魚の専門店へ足を運ぶとよいと思います。

安いものは脂ののりがイマイチです。

先ほども述べたように、脂ののりで価格が全然違うからです。

スポンサーリンク

最後に・銀ひらす(シルバー)をもっと食べよう!

銀ひらす・シルバーという名称は、日本人にはあまりなじみがありません。

銀ひらす、だとなんとなくなじめる名前だと思います。

しかしシルバーと言われたらどうでしょう?

ちょっと味の想像ができないと思いませんか?

なので「銀ひらす」という名称の販売が多いのだと思います。

メロや銀だらも以前は受け入れられない名前でした。

しかし今では市民権を得ていると思います。

それもあってか、「メロ」や「銀だら」などの価格がここ数年高騰しています。

そのため銀ひらすはその代替えとして注目されています。

今後、世界的なヘルシーブームや、和食ブームで魚の人気がさらに高まると思われます。

世界各国との魚の獲得競争は激しくなる一方です。

選り好みしていると魚が食べられなくなります。

海は一つです。

南半球も北半球もありません。

「銀ひらすの西京漬け、シルバーの西京漬け」なんてなじみがない、なんて言わないでどんどんチャレンジしていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク