北海道でマダコ・真だこというのを聞いたことがあります。

真だこは南方系のタコです。日本だと兵庫県明石の明石のタコが有名ですね。

そんな真だこですが、寒冷地である北海道でも、「真だこ」として販売されています。

これは一体なぜなのでしょうか。

北海道の真だこはミズダコのメス!

北海道では、ミズダコのメスを「真だこ」と言ったりします。

そうなのです。実は北海道(全道ではないにしても)では、マダコというのはミズダコのメスの地方名なのです。

特に酢だこなどは「真中」「真大」などと言ったりします。

私も初めて聞いたときはびっくりしました。

だって真だこじゃないですもんね。

北海道のマダコの味は?

北海道でいうところのマダコがミズダコのメス、というのはわかりました。

じゃあ味は?というと、これが柔らかくて美味しいのです。

オスのタコは筋肉が強く、どうしても硬くなりがちです。その点、メスは柔らかいのですね。

オスは筋肉が固い分、筋肉を断つ作業を長くします。

でも忙しくてオスメスを分けない加工業者もいます。というよりほとんどそうです。

一部の業者がオスメスを分けて、別に作業をしています。

なので、そういう加工業者は、どうしてもコスト増になります。