最近白糸だらっていうのが出回ってきました。

タラ科の魚です。
(タラ目 タラ科 ポラキウス属)

ヨーロッパや北米の大西洋側で漁獲されます。

ドイツでは「シーサーモン」と呼ばれています。
またイギリスでは「ロックサーモン」と呼ばれているそうです。

サーモンとつきますが、鮭の仲間ではないです。

食べ方としては燻製にされることが多いようですね。

鮭の仲間ではないのですが、鮭に似ていますね。

たんぱく質の量は文科省のサイトにも載っていないのですが、タラやスケトウダラ(生)のたんぱく質の量が100gあたり17.6gなので、
白糸だらもそのあたりだと予想しています。

脂質が少ないので、フライとか、鍋など、味が浸み込む調理に向いていると思います。

ちなみにシロサケのたんぱく質の量が100gあたり22.3gです。(生の場合)
たんぱく質の量は鮭に劣りますが、脂質が1gくらいと予想します。
鮭の場合は脂質が4.4gです。
脂の少ない魚です。

なのでダイエットにはよい魚だと思います。
たんぱく質を採れて、カロリーが低いですね。

フライやソテーにすると油のカロリーを摂取してしまいます。

ダイエット中は白糸だらの鍋がいいですね。

漁獲時期をちゃんと指定すると、身質がしっかりしています。