2017年、養殖のトラフグの価格が高くなりました。8月より一割上昇したそうです。この頃はまだコロナが流行っていなかったので、外食産業での需要もありました。

温暖化でトラフグが新潟や福島で水揚げされている

一方2017年、新潟県では天然のトラフグの水揚げが盛んでした。

また、2021年10月、福島県でもトラフグの水揚げがありました。

河北新報参照

トラフグの食文化がないので安い

今まで新潟や福島ではトラフグはあまり漁獲されておりませんでした。食べる文化がありません。なので価格がつかないようですね。
それこそ九州の3割ほどの価格で取引されている、とも聞きます。

近年は温暖化で南方の魚が北上しています。

こういう北と南の魚をマッチングさせるビジネスなんてのもおもしろいですよね。
トラフグでひと儲けしたい方は新潟へどうぞ!